| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水彩画画材の揃え方

水彩画画材について紹介します。

画材というのは、水彩画を描く際に必要なものの
ことです。

初心者の人は、必要最低限のものだけを揃えて、
徐々に必要になってから増やしていくのがいい
と思います。

値段も安いもので十分かと思います。

一般的に水彩画には透明水彩絵の具が使われますが、
小学生が使っている不透明絵の具を一緒に使っても
いい絵が描けます。

ちなみに不透明絵の具はガッシュ、ポスターカラーと
いったものが有名ですね。

チューブに入った絵の具の以外にも固形になっている
絵の具は、どこでも簡単に水彩画が楽しめ、携帯も
出来て重宝します。


画筆は、軟毛(やわらかい筆)の筆で、細めの筆と太め
の筆、そして平筆の三本あればよいかと思います。

6号ぐらいの丸筆ならば、使い方によって一本でも描け
ますので、好みで使ってみても良いかもしれません。

ちなみに筆の太さは0号から順番に数が上がっていくほ
ど太くなっていきます。


筆もそうですが、描く際の用紙を変えても、絵に変化を
出すことも出来るので色々試してみてください。

用紙にも細目、中目、荒目などあり、水分を含んでも反り
にくい230g以上の紙にするといいです。

繊細な絵を描きたいとき→細目の用紙
逆に大胆なタッチで描きたいとき→荒目の用紙

を使うといった具合に、描きたいものによって用紙を変え
ていくといいかもしれません。


下書き用の鉛筆は、芯が柔らかいもの(HからB)を使用し、
練りゴムを使い、用紙を傷めないよう細心の注意を払い
ましょう。


スポンサーサイト

プロフィール

水彩画の達人?

Author:水彩画の達人?
水彩画を始めませんかのブログ
へようこそ!

水彩画について色々な情報を
提供していきたいと思いますの
でどーぞよろしくお願いします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

パソコンで手軽に水彩画







水彩画の描き方教室 サポート教材

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。