| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水彩画描き方について

水彩画の描き方教室 サポート教材


水彩画描き方について紹介します。

水彩画は筆に含ませる水分量と紙の上にのせる
水分量によって、色のつき方やにじみ方が変わ
っていくのが特徴になります。

こういった特徴を調整し、自分の思っている表現
を楽しむためには、


やっぱり枚数を描いてコツをつかむことです。


水彩画の描き方の流れとしては、

①鉛筆で薄く下書きを描く

②画面全体を湿らせ、厚くではなく極力薄めに色を塗る。
 陰になる部分から塗っていき、色を重ねて輪郭を描い
 ていきます。

③細部を描き込み、濃い色を補強して強調していく

これで仕上げになります。

水彩画の描き方には、様々な方法があり、自分の好みや
やりやすい方法など自分に合った水彩画の描き方が
載っている本などで勉強していくと上達も早いかと思い
ます。


最初は、描きたいと思う水彩画が載った本の方法を真似
して描いてみるのもいいかもしれません。

水彩画の主な技法として

○ウエット・オン・ウエット 紙と筆ともにたっぷりと
               湿らせで描く

○ドライ・オン・ウエット   紙はたっぷり湿らせ、筆は
               水気を切る

○ドライブラシ        乾いた紙に水気を充分に切っ
               た筆で描く

○拭き取り画法      水気を切ったきれいな筆で
               絵の具を拭き取る

○こすり取り画法     完全に乾いた絵の具を先の
               尖ったナイフなどを使って
               こすり取る

○拭き取り&重ね塗り   乾いた絵の具を水で濡らし、
               拭き取り、乾かないうちに
               塗るといった作業を繰り返す

こういった様々な水彩画の技法があるので、色々試してみる
のもいいかもしれませんね。


水彩画の描き方教室 サポート教材

スポンサーサイト

プロフィール

水彩画の達人?

Author:水彩画の達人?
水彩画を始めませんかのブログ
へようこそ!

水彩画について色々な情報を
提供していきたいと思いますの
でどーぞよろしくお願いします。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

パソコンで手軽に水彩画







水彩画の描き方教室 サポート教材

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。